福岡の太陽光・蓄電池・オール電化・太陽光メンテナンスのご相談はボルテック
営業エリア:福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県など

 0120-20-1194 受付時間 9時~12時/13時30分~18時
(土日祝・弊社休業日を除く)

お問合せフォームはこちら

営業エリア:福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県など

 0120-20-1194

受付時間 9時~12時/13時30分~18時
(土日祝・弊社休業日を除く)

お問合せ

上昇し続けている電気代

電気代を下げるためにできたことは、節電を心がけるだけでしたが、太陽光発電システムを導入し、自宅で電気をつくる方が増えました。

上昇し続けている電気代とその原因

原発停止と火力発電への依存

東日本大震災以降、原子力発電の稼働停止によって原発で作るはずだった電気を火力発電で補わなければならなくなりました。
火力発電への依存度が高まっていますが、震災前と比べ使用する燃料価格が上昇し続けているため、各電力会社は料金の値上げに踏み切っています。

再エネ賦課金の増大

日本は資源が乏しく、エネルギー自給率が低い国です。
日本の再生可能エネルギー発電の導入を支えるため、再生可能エネルギーの固定価格買取制度が始まりました。そして電力会社が買い取る費用の一部を、電気使用者から賦課金として集めることになりました。
それが、再生可能エネルギー賦課金(再エネ賦課金)です。
再エネ賦課金は日本のエネルギー自給率を向上させるために必要なものですが、電気使用量に比例して計算されるため、電気代が上昇している現在、再エネ賦課金も上昇し続けています。

電気料金を下げるためには

電気代を下げるためにできたことは、節電を心がけるだけでしたが、太陽光発電システムを導入し、自宅で電気をつくる方が増えました。
これから太陽光発電を設置をご検討の方も、すでに設置されている方も下記の方法でより効率的に電気代を抑えることができます。

太陽光発電の設置

自宅で電気をつくるため、電気代の大幅カットが期待できます。
さらに節電意識も高まり、余った電気は売電も可能です。
導入コストも年々下がっており、補助金制度なども用意されています。

蓄電池の活用

太陽光発電と蓄電池を併用し、売電にあてていた電力を蓄電池にためます。
日中の余剰電力を蓄電池にためておけば、夜間をはじめ各時間帯に使用できますし、非常時には予備電源にもなります。
天候不順で発電がむずかしい日や電気使用量が増える際は、深夜に割安な電力でを充電することで、電気代の節約につなげられます。

エコキュートの活用

太陽光発電システムと相性のいい機器としてエコキュートがあります。
今後、自家消費型のライフスタイルにシフトする中で併用によるメリットがさらに注目されています。
低いコストで給湯できる反面、日中の電気代が割高という弱点がありますが、 電気代の安い深夜にお湯をわかし、日中の消費電力は太陽光発電システムでまかなうことで光熱費を削減することができます。
※オール電化向け電気料金プランの多くは、日中の電気料金単価が高く設定されているため

もしくは、日中に発電した電力をお湯をわかすことに使うことで余剰電力のエネルギーをお湯として蓄えるという考え方もできます。
お湯をわかしても余った電力は蓄電池に貯めて夜間に使えば、さらに 自家消費率を高めることができます。


お問合せに関して

住宅用・産業用太陽光、蓄電池、エコキュート、メンテナンス、太陽光売却などお気軽にお問合せくださいませ。

  • すぐに知りたい方はお電話を

     0120-20-1194

    受付時間 9時~12時/13時30分~18時
    (土日祝・弊社休業日を除く)

  • インターネットでのお問合せ

     お問合せフォーム

    ※内容を確認の上、後日担当者より返信させて頂きます。